2人展のお知らせ

【展示情報】
二口貴之×タムラショウ さいしょでさいごのふたり展「ムオン」
期間:2017.3.4〜3.12
会場:excube

私はドローイングやペン画約80点と未発表新作(合作)2点出展します。是非お越し下さい。


 

【お知らせ】
バンド「空きっ腹に酒」さんのMV「御乱心」にちょろっと出させて頂きました。
ライブ中に新聞配達しました~。


保存

個展

個展しますので是非お越し下さい。

『floccinaucinihilipilification』 夢、妄想、日常を交ぜたサイケデリックな色彩が不穏な世界を描く。
2012年に初個展、今回が2度目の個展となる。
2014年にはLe Dernier Cri主催の「Heta-Uma」「Mangaro」参加。
国内外問わず活動中。大阪在住。

momurag

nirotaka_dm

功夫展/コマジャンキング

告知1!

10991294_436315013188687_6196793576045107430_n
group exhibition “功夫展”
2015.3/28(sat) -4/12(sun)  at excube.GALLERY


ジャッキー・チェン、リー・リンチェイ、ブルース・リーに憧れてたあの頃
心を鷲掴みにされた熱い思いが蘇える!
カンフームービーをリスペクトし、その想いをテーマとして各作家が作品を創る展示会を開催いたします。

【参加アーティスト】
ヨコウチフミヒコ
大 西 大
Japanese Lolipops
石井モタコ
Kazuhiro imai/カズ ヒロ イマイ
ニロタカ
ヨシカワショウゴ
内田ユッキ
坂本渉太/shota sakamoto
HARDCORE CHOCOLATE

【展覧会特設サイト】http://excube.jp/kungfu/
【展覧会CM】http://youtu.be/HwuweFrFOo8

 

告知2!

第2回コマジャンキング-関西大会-
【会場】大阪 ロフトプラスワン West
【日程】 2015年4月24日(金)
【Open】18:30【Start】19:30
【料金】前売¥1,500 / 当日¥1,800(共に飲食代別)※要1オーダー500円以上
イープラス:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002150864P0030001
※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
電話:06-6211-5592(16時~24時)

コマジャン師:船川翔司/ニロタカ/茹でられて/あけび/みなみりょうへい/タスケロール/梅田哲也
実況解説:沖冲./ノイズ中村
審査員:香山哲(漫画家)/ロビン前田(赤犬・男の墓場プロ)/巴大樹(シカク店主)
ジャッジマン:原田ちあき
企画・制作:mograg garage

コマジャンとは!?詳細はコチラ!!
出るぞ!やー!!!!どちらも見応え十分なので是非是非お越し下さい!!!!

MANGARO/HETA-UMA

20141007_2844256
20141007_2844253
heta-umamiam-sete_1
10月17日からフランスのマルセイユとセットという2箇所の美術館で行われる展覧会に参加します。

主催は、90年代後半から主にシルクスクリーンで制作したアートブックを中心に、世界中のアンダーグラウンドアーティストを世界に発信し続けるアーティスト集団“Le Dernier Cri”。と中野ブロードウェイのタコシェさんです。

70年代~現在に現役で活躍しているアーティストをジャンルレスに紹介するグループ展『HETA-UMA』がセトのMIAMで来年3月まで、60年代のガ ロとそれ以降のアンダーグラウンド出版社の変遷を辿る展示『MANGARO』をマルセイユのFRICHE belle de maiで来年2月まで開かれます。

ガロとは直接関係ありませんが、2箇所とも参加させて頂く事になりました。

フランスにお越しの際は是非見に来てください。

Facebook Page

https://www.facebook.com/hetaumangaro

 

HETA-UMA
18 octobre 2014 – 1er mars 2015
at MIAM (Musee International des Arts Modestes)

Un panorama sur 40 ans de graphisme underground japonais, une plongée unique dans l’avantgarde graphique et le manga déviant. vernissage vendredi 17 octobre à 18h30

Artistes invités :
Suzy Amakane • Marthes Bathory • Antoine Benhart • Mark Beyer • Pakito Bolino • Andy Bolus • Laetitia Brochier • Marc Brunier Mestas • Oki Chu • Craoman • Dave 2000 • Mathieu Desjardins • Mike Diana • Victor Dunkel • Yoshikazu Ebisu • Fredox • Chihiro Fukushi • Pyoshifumux Fumix • Yuka Goto • Carmen Gomez • Mischa Good • Dave Guedin • Céline Guichard -Matti Hagelberg • Emu Et Arizono Hamadaraka • Yusaku Hanakuma • Masayoshi Hanawa • Motohiro Hayakawa • Ichasu • Daisuke Ichiba • Laurent Impudeglia – Kanado Inuki • Atsuhiro Ito • Keiji Ito • Jiro Ishikawa • Judex & Cedric Cailliau • Jurictus • Wataru Kasahara • Shintaro Kako • Kosuke Kawamura • Olaf Ladousse- Mathias Lehmann • Leo • Ludovic Levasseur • Pascal Leyder • Liquide • Vida Loco • Maki • Keenan Marshal Keller • Suehiro Maruo • Jérome Minard • Hideyasu Moto • Tomi Musturi • Nekojiru-Y • Takashi Nemoto • Nirotaka • Hiroyuki Nisougi • Maya Nukumizu • Nuvish • Hitoshi Odajima • Shigehiro Okada • Keiti Ota – Picopico Progeas – Remi – Riton La Mort • Arnaud Rochard • Imiri Sakabashira • Samrictus • Vincent Sardon • Norihiro Sekitani • Kotobuki Shiriagari • Stumead • Caroline Sury • Keiichi Tanaami • Tetsunori Tawaraya • Gwen Tomawak • Mimiyo Tomozawa • Kyoichi Tsuzuki • Tagami • Muddy Uehara • Nadia Valentine • King Terry Yumura • Zven

 

Mangaro Exposition collective
du 17 octobre 2014 au 2 février 2015
at FRICHE belle de mai

À partir de l’historique du magazine Garo (1964-2002), l’exposition présente un panorama de la scène graphique japonaise – vernissage le 16 octobre à 18h.

Commissariat :
Pakito Bolino (Le dernier cri*) et Ayumi Nakayama (Librairie Taco Ché, Tokyo).
Librairie Taco Ché (jpn), Seirinkôgeisha, Éditeurs de AX (jpn), Erect (jpn), Mograg (jpn), le Dernier cri (fr), Timeless (fr), Cornélius (fr ), Le Lézard Noir (fr).